実際の仕事内容

a man holding on the smartphone

立派なインフラエンジニアとして活動することになったら、どんなルーティンワークになるのか知っておきたいところだと思います。まずよくプログラマーとごっちゃになって考えてしまう人がいるんですが、インフラエンジニアとプログラマーはやることがまったく違います。まずプログラマーはずっと永遠とコーディングしていく人のことを指しますが、インフラエンジニアはどちらかというとマネジメントをする側に立つことになります。そのため、コミュニケーション能力は間違いなく必須になってくると言えるでしょう。また、インフラエンジニアは他にもクライアントなどとよく打ち合わせをすることになります。そこで話し合った結果を自分なりにうまくまとめて、そこからプログラマーがちゃんと仕事できるように設計図を書いていきます。また、設計図を作っている最中には必要なツールだったり機材が出てくることもあるので、その際には必ず発注しなければいけません。機材に関しては重たいものが多く、運ぶのに力が必要となるので体力がない人はもしかするとインフラエンジニアの仕事がきついと感じてしまう可能性もあります。あとはプログラマーに基本は任せることができますが、できあがったインフラはそれで終わりではなく、ずっと永久的に動いてもらうために常に監視することになるでしょう。いつどのタイミングで不具合が発生するかわかりませんので、アフターフォローはインフラエンジニアにとってすごく大事な業務になります。こうやってルーティンを見てみるとかなり大変なことがわかりますが、もしリーダーとして動ける人であればきっと務まるでしょう。